大正・港区空き家活用協議会 WeCompass
MENU

News & Columnニュース・コラム

イベント報告 「のきさきあるこ」を開催しました(後半 実施編)

2019年11月29日、30日に大正区三泉通商店街にて「のきさきあるこ」を開催しました。

後半はイベント当日の様子です。
(前半はこちら)

 

#初日準備は人海戦術で

29日、イベント初日は屋台組み立てから。組み立てる数は14基!

組み立てるのに時間がかかることが予想され、朝早くからたくさんの学生が設営にきてくれた。前日までに、部材同士を接合できる加工を施したキットを運んでおり、その組み立てから開始。屋台が組み上がったら、所定位置まで運び、天幕を覆い、机を設置し、黒板塗料を塗った看板、ゴミ箱などをセットしていく。さらに、商店街の出入り口にはアクセントとしてガーランドを掛けた。

 

 

 

屋台と屋台の間には飲食や休憩場所にできるよう椅子を配置した。

 

屋台や備品の保管場所になっていたイートインスペースも設営開始。元の照明が蛍光灯だが、これだと飲食するには冷たい感じなので、別途用意した白熱灯のストリングライトを設置する。また、元からあった作りつけのベンチが痛んでいたため布を引き、一部損傷の見られる壁には不織布を貼り、目ばりをする。そこにイートイン用にテーブルと机を配置し、セット完了(机とテーブルは商店街組合と区役所からお借りしたもの)。

屋台用の照明とその電源である発電機を設置する。照明は布を照らすようにして柔らかい光源となるよう工夫した。

 

 

 

#出店者が続々と到着

そうこうしているうちに、出店者が続々と集り出す。

出店者用のラインを作り、当日までに必要な情報を提供し、質問に答える形をとっていたためか、出店者は滞りなく自分の場所で準備され、大きな問題もなく設営が進んだ。マルシェ経験者も多く、皆さん手際がよかった。

 

こちらで用意した屋台に加えて、出店者ご自身で予備の机、ベンチ、のぼり旗などを用意される方もいて、皆さんがしつらえを終えるころには、一挙にマルシェらしい雰囲気となった。

 

#いよいよ開始。予想以上の来場者にうれしい悲鳴

なにぶん事務局メンバーにとっては初めての試みであるし、今回の会場は商店街の中でも駅から一番遠い位置にある。お客さんが果たしてやってきてくれるのか?
準備段階から不安でいっぱいだった。

しかし、開始当初から、予想以上の来場者にびっくりした。

 

 

 

両日とも終了時間を待たず売り切れるところが続出。

イートインスペースやベンチも人で埋め尽くされ、人々が佇むことで賑わいを作りだし、日頃の商店街とは違う風景になった。

 

#二日間が終わり撤収。延べ約1,000人以上の来場者数で、大成功!

出店者、商店街共に「よかった」「ぜひまたやってほしい」とのご意見をいただいた。

 

#次の「のきさきあるこ」に向けて

後日、区役所と商店街振興組合に無事終了したこととアンケートのご報告にうかがった。

 

 

子ども連れの来場者が多く、「子ども向けの出店メニューやワークショップを増やして欲しい」との意見も。

自転車の通行と滞留する人とが接触しそうな場面があった。次に開催する場合には、区間だけは自転車通行を禁止するなどの工夫が必要である。

今回は、電気の確保は発電機をレンタルしたが、次回からは商店街から借りることができそうだ。

 

#潜在的な購買需要は十分にある

当日は人出も多かったが、客層は高齢者に限らず若年世帯も多かった。魅力的な店舗やメニューを用意すれば、購買需要があることが証明できた。今後継続して行うことで、商店街内の空きスペースや間貸しの活用に繋がることを期待したい。

 

****
最後に、出店者の皆様、ご来場いただいた皆様、商店街の皆様、紀洋木材株式会社様、大正区役所様、本当にありがとうございました!

京都大学大学院工学研究科建築学専攻 三浦研 研究室
株式会社 KURU
一社)大正・港エリア空き家活用協議会

 

 

(ライティング:川幡祐子)

SNSアカウント

Instagram

Instagram
港大橋